隠岐広域連合 ホーム

メニュー

このページの位置: ホーム > 隠岐広域連合の概要 > 処理する事務事業の概要

処理する事務事業の概要

隠岐病院の設置、管理及び運営に関する事務

隠岐病院は、平成24年5月1日に敷地面積約18,200m²(延べ床面積約9,500m²)の新病院が開院しました。この新病院は病床数115床(一般病床91床、精神病床22床、感染症病床2床)、診療科16科(内科、神経内科、腎臓内科、外科、整形外科、小児科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、泌尿器科、精神神経科、歯科口腔外科、救急科、麻酔科、リハヒビリテーション科)、CT、MRI等の高度医療機器、屋上へリポートを有する隠岐島の中核病院です。

隠岐二次医療圏域におけるへき地医療拠点病院として、巡回診療等による医療確保、隠岐の島町各診療所・隠岐島前病院への医師派遣、相互交流並びに技術指導・援助を行っています。

また、隠岐島内での医療完結率の向上を図るため、「まめネット」の画像中継・診断サービスを活用するなど、本土側病院(三次医療機関)との連携を実施しています。

隠岐島前病院の設置、管理及び運営に関する事務

隠岐島前病院は、病床数44床(一般病床20床、療養病床24床)、診療科8科(内科、外科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、精神科、産婦人科、整形外科)、CT等の医療機器を有する島前地区の中核病院です。

島前地区の地域医療支援ブロック制(医師ブロック制)の拠点として、町村診療所への医師派遣や相互交流を行っています。

また、隠岐島前地区の医療の質の向上を図るため、「まめネット」の画像中継・診断サービスを活用するなど、隠岐病院や本土側病院(三次医療機関)との連携を実施しています。

介護保険の実施に関する事務

平成12年4月の介護保険制度の創設と同時に隠岐広域連合が保険者として、隠岐圏域内の高齢者に公平で適正な介護サービスの提供を行うため、介護保険事業を実施しています。

主な事務は、被保険者の資格管理、保険料の徴収、保険給付、要介護認定、介護保険事業計画の策定等であり、構成町村及び島根県と連携を図りながら、高齢者が住み慣れた家や地域で自立した生活を行うことができるよう支援しています。

救急医療対策事業に関する事務

初期的な急病患者に対する救急医療等の確保を図るための在宅当番・救急医療情報提供実施事業を島後医師会及び島前医師会に委託し実施しています。

消防に関する関係町村の事務

昭和48年、隠岐島7町村(現在4町村)が消防事務を共同処理するため隠岐島町村組合が発足し、現在は隠岐の島町に消防本部及び消防署、西ノ島町に分署、海士町、知夫村にそれぞれ出張所を配置しています。

今後も各署所の機能充実を図り、消防体制の整備を図るとともに、特に救急業務においては救急救命士及び高規格救急車の配備等により、島民の安全・安心な救急体制の整備を提供します。

消防本部庁舎について、隠岐の島町平地区に移転新築し、平成27年5月より全面供用を開始しました。

火薬類取締法に規定する島根県知事の権限に属する事務のうち関係町村が処理することとされた事務

火薬類のうち煙火(花火等)及び産業火薬(土木工事や採石場での発破作業・コンクリート破砕機使用、建設工事での建設用びょう打銃等)の消費に関する許可事務を消防本部において行います。

高圧ガス保安法に規定する島根県知事の権限に属する事務のうち関係町村が処理することとされた事務

高圧ガス製造施設及び高圧ガス貯蔵施設の設置には、許可が必要であり、この許可事務を消防本部において行います。

液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律に規定する島根県知事の権限に属する事務のうち関係町村が処理することとされた事務

液化石油ガス(プロパンガス等)の設備工事については、その規模に応じて届出を行う必要があり、500kgを超え、3,000kgまでの規模の設備工事における許可事務を消防本部において行います。

障がい者支援施設の設置、管理及び運営に関する事務

昭和55年度に知的障がい者更生施設を開設し、昭和61年度に知的障がい者授産施設を併設しました。

平成23年度から、障がい者自立支援法に基づく新体系に移行し、従前の事業について、生活の場としての施設入所支援事業(定員60名)、日中活動の場を提供する生活介護事業(定員60名)、就労継続支援B型事業(定員40名)及び地域生活での訓練を行う自立訓練(宿泊型)事業(定員7名)に再編し、平成26年度より施設運営を社会福祉法人「博愛」へ移行しました。

障がい福祉サービス事業の管理運営に関する事務

障がい者自立支援法第5条第1項の規定に基づき、地域において共同生活を営むことを希望する人につき、生活の場を確保し、障がいのある人の相談や日常生活上の援助を行ったり、入浴・排泄又は食事の介護等、厚生労働省令で定める便宜の供与を行う事業です。グループホームについては、平成4年度に1棟目を開設し、現在では12棟のグループホーム及びケアホームを管理運営しています。平成26年度より運営を社会福祉法人「博愛」へ移行しました。

レインボープラザの設置、管理及び運営に関する事務

隠岐島民が松江市において各種交流、研修の拠点施設として設置している当施設の管理及び運営を行います。

隠岐広域連合人材育成基金の設置、管理及び処分に関する事務

島根県離島振興協議会が実施する人材育成支援事業に要する経費の財源に充てるため、基金管理事務を行います。

福祉型障がい児入所施設の設置、管理及び運営に関する事務

隠岐圏域における障がいのある児童の入所利用のニーズに応えるため、平成16年度に仁万の里に入所定員10名の福祉型障がい児入所施設を併設し、平成26年度より施設運営を社会福祉法人「博愛」へ移行しました。

隠岐航路フェリー「おき」及び超高速船の設置、管理及び運営に関する事務

隠岐と本土間の海上交通を確保し、住民福祉の向上と産業振興を図るため、隠岐航路フェリー「おき」を設置し、管理運営を行います。また、平成26年3月に就航した超高速船「レインボージェット」の設置及び管理運営を行います。

国民健康保険、後期高齢者医療制度の特別徴収に係る電子データ処理に関する事務

国民健康保険、後期高齢者医療制度の特別徴収事務に係る電子データを関係町村と連携して処理する事務を行います。

このページに関するお問い合わせ

隠岐広域連合総務課
〒685-0104 島根県隠岐郡隠岐の島町都万2016番地
電話: 08512-6-9150 FAX: 08512-6-3330

このページの先頭へ