隠岐広域連合 ホーム

メニュー

このページの位置: ホーム > 介護保険 > 介護サービスを利用するには > 介護予防サービスについて

介護予防サービスについて

介護予防サービスとは、介護認定にて要支援1、要支援2となった方を対象に提供される予防給付サービス全般を指します。

介護予防サービスでは本人が自立した生活をする為の支援サービス、要介護状態にならない為の予防サービスを効果的・効率的に提供されるよう目標をたて、その評価をすることが徹底されます。

自宅で受けられるサービス(訪問サービス)

介護予防訪問介護

ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、炊事・掃除・洗濯等の生活援助や食事・入浴・排泄などの身体介護などを行います。(月単位・定額制)

介護予防訪問看護

訪問看護ステーションや病院・診療所の看護師等が自宅を訪問して療養上の世話や必要な診療の補助を行うサービスです。

介護予防訪問リハビリテーション

病院・診療所の理学療法士・作業療法士が、自宅を訪問して、心身の機能の維持回復を図り日常生活の自立を助けるため必要なリハビリテーションを行う子サービスです。

施設に短期間入所して受けられるサービス(短期入所サービス)

介護予防短期入所生活介護(福祉系のショートステイ)

特別養護老人ホーム等が、在宅の要介護者等を短期間入所させて、入浴・排泄・食事等の介護等日常生活の世話や機能訓練を行うサービスです。

介護予防短期入所療養介護(医学系のショートステイ)

介護老人保健施設や指定介護療養型医療施設等に短期間入所し、看護、医学的管理下の介護・機能訓練等の必要な医療や日常生活の世話を利用するサービスです。

自宅で日常生活の環境を快適にするためのサービス

介護予防福祉用具貸与

心身の機能が低下し、日常生活を営むのに支障のある要支援者の日常生活上の便宜を図り機能訓練に役立つ福祉用具について、選定の援助・取り付け・調整などを行い、これらの貸与を行うサービスです。

特定介護予防福祉用具販売

在宅の要支援者が、入浴・排せつ等に用いる特定福祉用具を購入したときに、居宅介護(支援)福祉用具購入費(実際の購入費の9割相当額)を償還払いで支給します。

※福祉用具の購入は指定の事業者からの購入時のみ償還払いの対象となります。

居宅介護予防住宅改修費

在宅の要支援者が、手すりに取付け等の住宅改修を行ったときは、居宅介護(支援)住宅改修費を償還払いで支給されます。

※支給限度基準額は同一住宅で20万円までです。

地域密着型サービス

介護予防認知症対応型通所介護

認知症の人を対象に専門的なケアを行う通所介護サービスです。

介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

比較的安定状態にある痴呆の介護予防者が、共同生活のなかで入浴・排せつ・食事等の介護等日常生活上の世話や、機能訓練を行うサービスです。

介護予防小規模多機能型居宅介護

通所を中心に、訪問系や泊まりのサービスを組み合わせた多機能なサービスが受けられます。

その他のサービス

介護予防福祉用具貸与

有料老人ホームや軽費老人ホームの入所者である要支援者が、その施設で特定施設サービス計画に基づき、入浴・排せつ・食事等の介護、生活等に関する相談・助言等の日常生活上の世話や、機能訓練・療養上の世話を利用するサービスです。

介護予防居宅療養管理指導

病院・診療所・薬局の医師・歯科医師・薬剤師等が、通院が困難な利用者の自宅を訪問し、心身の状況や環境等を把握して、それらを踏まえて療養上の管理及び指導を行うサービスです。

介護予防支援

介護予防サービスを適切に利用できるように、地域包括支援センター(または委託された居宅介護支援事業者)が、心身の状況・環境・本人や家族の希望をうけサービス計画を作成したりサービス事業者との調整を行います。

※介護予防ケアプランを作成する費用の自己負担額はありません。


※隠岐広域内のサービス提供事業者はWAMNETにてご確認下さい。

このページに関するお問い合わせ

隠岐広域連合介護保険課
〒685-0104 島根県隠岐郡隠岐の島町都万2016番地
電話: 08512-6-9151 FAX: 08512-6-3330

このページの先頭へ